クリニック案内

名誉院長ごあいさつ

院長写真

 松田 尚太郎

皆様、泌尿器科という言葉にどんな感じをもたれますか?
私が大学の卒業を向え、家に帰って「卒業したら泌尿器科の医局に入る」と言ったところ、両親は何も言わなかったのですが、近くにいた伯母が「えーっ!泌尿器科―っ??」と言いました。多分性病科を想像したのだろうと思った事を思い出します。医局時代皆と泌尿器科ってネーミングがあまり良くないんじゃないか?何かいい呼び方があるんじゃないか?と議論した事があります。しかし、名案もなく泌尿器科のままでメジャーになってきて、いつしかそのような事を言う泌尿器科医はいなくなりました。患者さん達も受診しにくい事もあるでしょうが、尻ごみする人は本当に少なくなり、私は泌尿器科で良いと考えております。話は変わりますが、私を泌尿器科に強く向わせたのは学生時代に血液透析と出会ったということもあります。当時の透析医療はまだ歴史も浅く、これからどんどん進歩する領域だと考えたからで、現実にその進歩は目を見張るものがあります。今回はここまでにしておきますが続きは次回で。皆様どうぞよろしくお願い致します。




診療について

泌尿器科・人工透析を中心に、診療をしています。


医師

院長
渋谷 彰良
名誉院長
松田 尚太郎